NIPTについての情報が満載です!

こちらのサイトは、新型出生前診断であるNIPTのことを調べられるサイトです。
他の手法と比べた場合の違いや、比較の過程で各検査方法の特徴などを解説しているので、広く出生前診断のことを知ることができます。
選ぶ方法によって結果は異なりますし、利用する前に知っておかなければならない情報も多いので、調べたいという方はこちらのサイトを通じて情報を仕入れてはどうでしょうか。
記事タイトルで内容がわかりやすいので、知りたい部分だけ読むことも可能です。

NIPTと他の手法を比較してみましょう!

NIPTと他の手法を比較してみましょう! NIPTは血液を採取して行う比較的検査です。
非確定検査の手法にはマイクロスコープによる検査や、同じように血液を採取する母体血清マーカー検査などがあります。
いずれも母体への負担が小さいのが利点の検査方法ですが、NIPTはこれらと比較して精度が高くなっています。
超音波検査は採血と合わせてコンバインド検査というものが行われますが、この制度は83パーセントで、母体血清マーカー検査は80パーセントです。
それに比べてNIPTは非確定検査でありながら制度は99パーセントと高く、新しい負担の小さな制度の高い検査方法として注目を集めています。
もちろん確定検査ではないので、陽性反応が出た場合は別途確定診断を受ける必要があります。

従来の検査方法とNIPTを比較すると何が違うのか

従来の検査方法とNIPTを比較すると何が違うのか 新型出生前診断(NIPT)を従来の非確定的検査と比較すると、精度に優れているという特徴があげられます。
NIPT以前に一般に使われていたのは、母体血清マーカーやコンバインド検査といった非確定的検査と呼ばれるものでした。
それらの検査方法では感度は80%程度しかありませんでしたが、NIPTの感度は99%と非常に高くなっています。
これにより乳児の染色体疾患を正確に発見することが可能になりました。
またNIPTには、流産や死産のリスクがないというメリットもあります。
羊水検査や絨毛検査などの確定的な検査では、100分の1程度の確率で流産や死産が起こるリスクが存在していました。
一方新型出生前診断では採血だけで調べることが可能となっており、流産などのリスクがなく安全性が高いのが特徴です。
妊娠してから早い時期にチェックできるのもこの検査法ならではの利点と言えるでしょう。
母体血清マーカーなどの非確定的検査では、妊娠後11週が過ぎていないと受けることができませんでした。
ところがNIPTでは妊娠10週ごろから調べることができますから、乳児の状態をいち早く知ることができます。
このように利点の多い診断法ですが、必ずしも確定結果というわけではない点には注意が必要です。
判定保留が続いた場合には、さらに別の検査を行うことがあります。

NIPTの参考サイト

NIPTで解決します